治療院

うちの治療院に来院する人の傾向から世相が如実にわかる

私は開業鍼灸マッサージ師

私は、開業鍼灸マッサージ師で、鍼灸整体マッサージ治療院を経営している。

最近来院される方の傾向から世相がわかる

最近の来院される方の傾向から、今のこの世相が如実に反映されている、と感じるので、ここでご報告させていただきます。

おかげさまで、去年~今年、このコロナ禍でも、特に売り上げを落とさずに経営できています。

が、明らかに、来院される方の傾向がコロナ禍の中、変わってきている。

うちは、完全実費制で、保険治療を一切扱っていないので、元々、うちに来れる人は、

「お金と時間にある程度余裕がある人」

が、ほとんどだった。

そして今、その傾向が、このコロナ禍において、物凄く顕著になってきているのだ。

今うちにに来れる人

まず多いのが、いわゆる「社長さん」、会社経営者、もしくは、個人事業主の方。

元々多いが、その割合が急激に増えている。

あとは、公務員、特に、学校の先生。

これも、元々多かったが、更に目立つようになった。

あとは、普通の会社員の人。

この、会社員の人の来院傾向に、かなり変化が出てきている。

まずは、会社員でも、独身の人、で、かつ、親と同居している人。

また、結婚していても、子供がいない人。

あと、非正規雇用などの人も来院されるが、上記の中に当てはまっているか、どうも、実家が裕福そうな人。

そういった方しか来院しなくなってきている、いや、できなくなってきている、のだ。

今うちに来れなくなった人

職業で言うと、看護師、介護士、保育士、工場労働者、などが多い傾向にあったが、それらの人の来院される割合が確実に減少しているのだ。

お金と時間にある程度余裕がある人しか来れなくなっている

こういった治療院の来院者の傾向からも、このコロナ禍において、

「お金と時間にある程度余裕がある人」

が、来る割合が増えた、いや、そういう人「しか」来れなくなった、ということが如実にわかるのだ。

正に世相を反映している。

来られる社長さんに話を聞いても、特に、飲食、工場系は、やはりかなり業績が悪い、とのこと。

このように、本当に心身が疲弊してそうな人は、うちのような実費制の治療院には、来たくても来れない、という状況が、「今」なのだ。

本当は、こういう人こそ来て欲しいのだが、うちも商売、自分自身の生活がかかっているから、安易に安い仕事はできないのだ。

そして、うちも、今のところはいいが、いつ売り上げが減少に転ずるかわからないのが「今」。

他人事ではないのだ。

とにかく、コロナが続いていいことはない。

逆に、一部、コロナ需要で伸びてるところや、全く関係ない業種もあるようだが、ほとんどの業種、そして、ほとんどの人が、大なり小なりコロナの負の影響を受けている。

治療院に来院される方の傾向から世相がわかる

このように、「治療院」というところは、来院される客層によって、世相が如実にわかる商売なのだ。

 

-治療院

Copyright© なみたいていの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.