ボディメイクアイテム

【腹筋台のメリット】普通の腹筋よりはるかに効果的!シットアップベンチの選び方

2019年12月6日

↑自分が使っているファイティングロードの腹筋台

腹筋台あるとないではどう違う?

普通に寝転がってやる腹筋でも、確かに腹筋は鍛えられます。

ですが、腹筋台があると、普通に腹筋をするよりも、はるかに効果的にトレーニングできます。

鍛えられる範囲や負荷が違う

床で寝転がって行う腹筋よりも可動域が広がって、より強い負荷や伸展(ストレッチ)をかけることができるため、効果的に鍛えることができます。

腹筋台(シットアップベンチ)の選び方

耐荷重が十分あるかチェックする

腹筋台を選ぶ時、これが一番大切かもしれません。

体重が軽めの人は、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが、体重100kg近い方ですと、耐荷重が足りない場合があります。

筋トレをして、さらに体重が重くなる可能性もあります。

ちなみに、自分が使っている腹筋台の耐荷重は100kgです。

商品によっては300kgの耐荷重のものもあります。

楽天市場第1位:プレスベンチ・トレーニングベンチランキング (集計日:12月5日)


第2位:楽天市場プレスベンチ・トレーニングベンチランキング (集計日:12月5日)


台がフラットかアーチ状か

腹筋台(シットアップベンチ)には、台が平坦なものと、アーチ状になっているものがあります。

平らなフラットタイプは、色々な体勢で使うことができ、様々なエクササイズで使えるというメリットがあります。

一方、アーチ状は、腹筋全体に広範囲に効かすことができます。

下腹部を伸展させて、下腹部を効果的に鍛えることができます。

腹筋全体に効かすことができるので、自分はアーチ状のシットアップベンチを選びました。

腹筋だけでなくて、背筋など、色々なトレーニングができます。

角度調整できるか

腹筋台の角度があまいと、人によっては、トレーニングしてもあまり負荷がかからないこともあります。

腹筋台は角度調整できるものの方が自分に合わせたトレーニングができます。

筋肥大が目的の場合は、きつめの角度の方が、より効果的にトレーニングできます。

腹筋台トレーニングの注意点

注意点としては、腰を痛めないように細心の注意を図ることでしょうか。

腰を痛めないためには、最初は、こんなんでいいのか?くらいの回数から始めて、体をいい意味で慣らしていくことが必要です。

なかなかやろうと思ってもできないのが腹筋運動。

腹筋台があれば、いつでも気軽に腹筋運動にトライできるところがおすすめです。

ファイティングロード 腹筋アーチベンチ

-ボディメイクアイテム

Copyright© なみたいていの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.