ボディメイクアイテム

ソイプロテイン「プロスタイル ボディ」を始めてこころなしか疲れにくい

プロテイン

昨日より、人生初の、プロテイン服用、を試してみている。

トレーニングメニューに大きな変化はない。

同じようなトレーニングメニューで、プロテインを服用した場合に何か違いはあるか?

実験中である。

 

プロスタイル ボディを選んだ理由

大豆たんぱくで理想のからだづくり

プロスタイル ボディは、引き締まった理想のからだづくりをサポートする「大豆たん白(ソイプロテイン)」

理想のからだづくりをサポートできるとあったので、そこに惹かれた。

体重を落としたいわけではないが、脂肪を落として引き締めたいのである。

プロテインには、ヨーグルトやチーズが元となるホエイプロテインや、主に牛乳が元となるカゼインプロテインなどもあるが、ソイプロテインは、腹持ちがよいのが特徴らしい。

脂肪を落としつつ筋肉をつけたいので、腹持ちが良いソイプロテインを選んでみた。

 

プロスタイル ボディの量と価格

プロテインで有名なものと言えば、ザバスあたりだろうと思うのだが、ザバスは、結構1袋の量が多い。

1kg入っていて4,000円以上とかするので、初めてプロテインを試すのであれば、もう少し少量からの方が安心だ。

プロスタイル ボディは、1袋360gで、価格も1,500円くらいで済む。

そういったわけで、プロスタイル ボディをチョイスした。

 

プロスタイル ボディの味

プロスタイル ボディはいくつか味の種類があるが、私はバナナ味を選んだ。

牛乳に溶かすと、バナナオレのようで、かなりうまい。

だが、牛乳よりも、水で溶いた方が、吸収がよいという話なので、水で溶いて飲んでいる。

牛乳の時より味は少し落ちるが、まぁ問題なく飲める。

 

疲れにくいのは飲んだ効果なのか?

まだ飲み始めて2日ほどだが、こころなしか、体調が良いのだ。

プロテインのせいかどうか分からないが、いつもより、体が疲れない。

ボディメイクのサポートが目的なのだが、疲れにくい効果もあるなら、なおよい。

しばらく続けてどうなるのか楽しみだ。

 

-ボディメイクアイテム
-

© 2021 なみたいていの Powered by AFFINGER5